借金を整理する方法「債務整理」

永代供養考えていた日々

だいぶ前のことになるが、独り身で、両親がなくなったときに、
永代供養を真剣に検討していた時期がある。このサイトが良いと聞きました神奈川 永代供養で解決。

 

私がまだ若いうちに、あいついで両親がなくなってしまい、
自分自身のことを考えた時に、自分もまたいつなくなってもおかしくないのではないか?友人から教えてもらったサイト→永代供養 神奈川でしょ。

 

そのときお寺の供養はどうなってしまうのだろう?
と、その当時の菩提寺の住職に訪ねた時、
永代供養という案が浮かびあがってきて、
それを真剣に検討していた。知人に勧めた優良サイト→神奈川 納骨堂には助けられました。

 

当時で金額は60万円。
けっして安い買い物ではないし、はたしてそれを行ったところで、
どれほどの違いがあるのか、はかりかねていた。その問題にはここしかない→納骨堂 神奈川は本当に参考になりました。

 

お盆の時期には、お寺さんをもつ檀家の位牌堂には、
小さな御膳とろうそくがたむけられ、それ自体に永代供養と、
それ以外の区別はない。
要するに普段の住職のおつとめは変わらないということだった。
それでは何が変わるものなのか?
それぞれの命日やその何周忌という区切りのおつとめがおこなわれるのだという。一度クリックしたら分かります神奈川 永代供養 納骨堂に来てね。

 

正直、そのためだけに自分が無くなった後も供養をお願いするというのは、
どうにも納得がいかず、そのうち結婚してしまって、家族もできてしまったので、
永代という発想はいつしか消えてしまったのだが、
はたしてあのまま一人でいたなら、まだ永代供養を考えていたのだろうか?